日本体育大学の人物一覧

Jul 4, 2022 Uncategorized

しかし「浜松本社」は組織再編などで後に廃止し、現在は場所を変え「浜松支社」として営業活動や県西部の報道取材拠点となっている。攻めがかっている状況で最悪のボールの失い方をし、裏に仕掛けた小柏選手に対する槙野さんの対応が少し遅れて後手を踏んでしまったことが重なり、ほぼフリー、GKと1対1の状況でシュートを打たれる状況になってしまったので、西川さん的にはどうしようもなかったと思います。 ウチの守備ブロックは 4-4-2 なので、相手2CBのボール保持に対してボランチの一枚が落ちる3枚回しにされると当然2トップだけでは規制ができません。 このように2人が破局した理由については、様々な推論が存在しているもののどれも決定的な証拠はなく、4年間も付き合った2人が破局した理由としては、相応しいものと思えるものはありません。個人的には小泉さんと江坂さんを 4-2-3-1 の2列目、あるいは 4-1-4-1 の2列目センターに並べて共存させるみたいのを想像して楽しみにしていたので、江坂さんが先発するなら小泉さんと同時起用したオプションを見てみたかったってのはあるんですが、少なくとも今節はお預けとなりました。後半、少し札幌の強度が落ちて押し込める時間帯も作れましたが、選手交代などでうまく強度を回復し、しのがれてしまいましたし、さすがにアップデートされていますね。

前線3トップは左、エウベル選手、中央に前田 大然選手、右に仲川 輝人選手という並びの 4-2-1-3 フォーメーション。左のWBに菅 大輝選手、右にルーカス・ さて今日のスタメンは、最終ライン、左から山中さん、槙野さん、岩波さん、ウガ。達也さんや山中さんがベンチ外なのもまぁ意外ではりましたが、小泉さんを帯同させないというのは思い切ったなと。 清水 エスパルス ユニフォーム ベンチ外になっている理由がコンディション面など何かしら不具合があったのか、それとも単純にアウェーは少しお休みさせて次のホームゲームに向けて温存したのか、その辺は試合前後のインタビューなどでも触れられていないためわかりませんが、そのかわりとして江坂さんが小泉さんのポジションを担うことに。札幌は攻撃時には前線に5枚が張ってくる形になるため、4バックでの守備ブロックを採用しているウチとしては人数的にできるミスマッチをどう解消するか、逆にボール保持時には相手の積極的なプレスをどう外してボールを前進させるのか、その辺に注目しつつのキックオフ。 まず全体を通した個人的な感想としては試合終了直後につぶやいたこれですね。我々サンフレッチェ広島サポも最後まで応援し、試合終了後は胴上げや表彰式等で鹿島アントラーズに拍手をした。後半アディショナルタイムには途中交代で入っていた汰木さんからのクロスをユンカーさんが無理矢理気味に当てたヘディングシュートがポストに当たるシーンもありましたけども、全体としてはそこまで決定機を作れたわけでもなく、選手交代でうまく全体の守備強度を回復した札幌にうまく抑え込まれたまま試合終了。

槙野さんが対応しますが、うまくボールを流しながら槙野さんとボールの間に身体を入れてキープした小柏選手にペナルティエリア内まで持ち運ばれると、逆サイドに流し込むシュートを決められて2点ビハインドの状況に。 フェルナンデス選手の対応で明本さんが空けたスペースをケアしに出て行けない状況でしたし)が多く、結果として札幌に最終ライン前面で起点を作られ、押し込まれる展開になってしまいました。 66分にコーナーキックの流れからゴール前に残っていた岩波さんへのフィードを頭で落としたところから明本さんが左足ダイレクトでうまく叩き込んで1点を返しますが、ウチの反撃もここまで。 で、60分過ぎくらいから札幌が少し運動量落ちて出足が鈍った時間帯があって、このタイミングで2点を追うウチはここで興梠さんからユンカーさんにスイッチ。 あとウガ、明本さんの左サイド縦関係は、札幌の攻撃時の立ち位置のとり方から逆算して、最悪5バックに移行する形になっても明本さんの運動量でなんとか押し込まれたままの状況になるのだけは避けたい、みたいな意図は感じられました。札幌は縦に勢いを持ってプレスに出てきている時はかなり厄介で、今節のようにウチのボランチ、SH、SBに対してきっちりマークを決めてボールホルダーに対してプレスに出てこられたとき、周囲の選手が素早く相手守備のベクトルをずらす方向、簡単にいえば横方向の近いにサポートする立ち位置をとってあげないと、ボールホルダーは相手に背中を向けて背負うしかなくなってしまいます(もちろん相手を背負っても江坂さんあたりが1度か2度やっていたみたいに、1対1の局面を個で打開して前向いちゃえばいいんですけども、立ち位置で相手より優位性を作るというコンセプトからすればそういうこの能力に依存したやり方は本末転倒)。

前半の飲水タイム後に少し守備ブロックの作り方を変えたような予兆がみえて、実際には後半立ち上がりから明確にこうなったんですけども、4-3-3 にして相手のビルドアップに対し人数を合わせることでプレスのかけ方を少し整理した結果、後半立ち上がりに少しウチの時間帯を作ることができました。 ちなみに前回、埼スタで対戦した際はこれに対してウチは途中からSHの1枚が最終ラインに落ちる形で5バックにして人数を合わせたんですが、今回はそのやり方はせずに4枚のまま対応。 これは前述した相手ボール保持時の並びに対して人数的なミスマッチが関係していて、札幌は極端な話、ボール保持時は後ろ4枚に前が5枚、中央に1枚だけボランチが残るっていう形になりますけども、まず前線5枚の両翼は思いっきり幅をとるので、4バックで守るウチとしてはサイドのスペースをケアするため素早いスライドでの対応が必要になります。 おなじみミシャさんの可変スタイルをベースに、素早い攻守転換と前線からの積極的な守備で試合の主導権を握りにくるアグレッシブなサッカー。連動した強度の高いプレスで主導権を握られ、押し込まれたところでセットプレーから失点と、立ち上がりに関しては完全に札幌に持って行かれた感じで、ここからどう修正するかという前半になってしまいました。週末にはホームで鳥栖戦、そこから天皇杯、ルヴァンカップを挟みつつ、8月は週に2試合の連戦が続きますので、その中で問題点を修正しつつ、コンディションを上げていってもらえればいいかなと思います。

その他の興味深い詳細清水 エスパルスは、当社のウェブサイト上で見つけることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published.