常勝軍団!

Jul 4, 2022 Uncategorized

名古屋グランパス. 2021年4月7日閲覧。 2021年3月24日閲覧。 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。背番号が3ということで、3得点3アシストぐらいしてくれれば… この手打ちとして、番組の打ち切りが決定したのであった。 64分のエヴェルトンさん→柴戸さん、74分の杉本さん→武藤さん、汰木さん→阿部ちゃんと交代して 3-4-2-1 ベースの可変システムにしたのは3バックの相手にシステム的に合わせに行くことでマークを捕まえやすくする狙いだと思いますが、ワイドに張ったウィングバックで幅を使いながらウチの3バック脇のスペースを攻略してくる湘南(特に山田直輝選手が入ってからは畑選手をうまく使ってサイドからの攻撃が活性化してました)に対してオープンな展開から決定機を作られるなどうまく機能したとは言い難い流れ。 しかし、湘南が前半の飲水タイムくらいのタイミングで前プレがハマらないのを察知してプレス開始位置を低めに設定し直すと、縦のパスコースを優先して消してくる相手2トップの立ち位置、2シャドーのサイドへのプレスの出足の速さなどもあってなかなか中盤でボール引き出して前を向く状況が作れず、相手守備ブロックの外郭をなぞって各駅停車のパスが続くだけといういつもの流れに。

レッズとホーム浦和は20年以上も互いを見守り、Jをリードして来た立場のはずなのですが…引き込んでおいて蹴って前線で杉本さんあたりが溜めを作ってくれればいいし、それが無理でも高さのない湘南守備陣が競ってこぼれたところのセカンドボールを回収して二次攻撃につなげればという感じ。 こうなるとこれもいつもの流れですが、興梠さんなんかがリズム作ろうと落ちてきちゃうんですけど、今度は杉本さんとの距離感や前線の枚数というところで足りなくなって、ボールはなんとなく保持しているけどアタッキングサードに侵入できないっていう。通算試合出場でも4位に入ったエメルソンが、ダントツとなる71得点で得点数トップになりました。試合後のサッカー談義で盛り上がるならココ! シーズンダブルは何とか避けていただきたい感じではありますが、難しいだろうなと思いつつもとにかくいい試合を期待します。 レオナルドさんがイエローカードの累積で今節は出場停止なので、その辺の兼ね合いもあると思いますが、ここのところあまり長い時間プレーさせてもらっていなかったのでスタメンに入ることで、どう前線に変化がでるのかは期待したいところ。 とはいえ、トップ下に入った武田さんは視野の広さ、対人強度、狭いところでもうまくボールを受けて、前を向いて出て行ける推進力と、さすがに期待されているだけのことはある能力の片鱗を短い時間ながら見せてくれていて(試合終了間際に興梠さんが潰れながら落としたボールを持ちだしてフィニッシュまで行ったシーンなんかは、彼のボディバランスの良さ、トップスピードに近い動きの中でのプレー精度の高さを感じさせてくれました)、その点は収穫だったなと。対する湘南は、最終ライン左から、田中 聡選手、石原 広教選手、舘 幸希選手。

この辺は今シーズン1年間を観てきてまったく成長しなかった部分ですが、終盤になっていきなり解決するはずもなく、各局面、各選手単独の強度やセンスだけで何とかしてくださいという無策さを放置した当然の帰結と言えるでしょう。 また、青木さんも別メニュー調整中、伊藤さんも離脱ということで、中盤の駒が少し不足気味ですが、阿部ちゃん、武田さんがベンチ入りし、出場機会があるか、少し気になる人選となりました。日本のセンターバックとしてその名を知らしめてきた昌子源ですが、2019年1月からは海外挑戦の夢を果たしており、ここから世界で活躍して行くというところでした。 1月31日に飛び込んできた情報によると、ワールドカップ・試合前の情報でトーマス・在京キー局中、労働組合の活動状況や対経営側への影響力は最も弱いとされている(民放労連会報・

浦和 レッズ グッズ デンさんは別メニュー調整になっていたのと、試合後の監督インタビューで大槻さんが槙野さんは水曜日の試合に間に合うように調整中みたいなことをおっしゃっていたので彼もコンディションの問題。試合前に発表されたスターティングラインナップを観たときに橋岡さんのCB起用はわかりましたけども、ここにきてそういう配置にしてくるとは思っていなかったのでちょっと驚き。昨シーズンもホームでは10敗(4勝10敗3分)して散々な成績だったわけですけども、なんとか残りホーム2試合で2年連続ホーム負け越しみたいな状況だけは避けて欲しいなっていう密かな願いもあったりしました。 というのも、今シーズン、ホームでの戦績が今節開始前の時点で5勝7敗3分と負け越してるんですが、残りホームでの2節を勝つことができれば、なんとか7勝7敗の五分までいけるんですよね。 そして選手交代で流れが変わらないどころかスタメンがベストであとは交代の度にピッチ上が混乱していくという事態が今節も継続。 そして本気で取り組む中でその才能を発揮し、高校3年時にはU-19日本代表候補にも呼ばれることとなりました。社長挨拶の後、新パートナー発表と挨拶。新井栄聡が金沢、増田誓志がソウルイーランドFC、清水航平が甲府から広島へ期限付き移籍。 ワクチンや有効な薬が開発されて、コロナが確実に収束し、国民みんなの安心安全が確保された上で、という条件付きでの話ですけれども、例えば県レベルでも、地域レベルでも、何らかの代替の大会を開催してあげられたらいいなぁとは思いますね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.